Heart Homeの家づくり
安心して生活できる構造(耐震等級3相当)

  • HOME
  •  > 安心して生活できる構造(耐震等級3相当)

安心して生活できる構造(耐震等級3相当)

まず耐震等級とは、住宅の品質確保の促進等に関する法律(平成11年法律第81号)に基づく評価方法基準内で定められる構造に関する耐震基準(構造躯体の倒壊等防止)で、等級3とは数百年に一度程度発生する地震による力の1.5倍の力に対して、倒壊、崩壊等しない程度を想定している最高の基準です。
「HEART HOME」の住宅はこの基準を鑑み、耐震性能に特化した木造軸組金物工法か、元々地震に強いツーバイフォー工法で建築されます。

耐震性は壁の強度もさることながら、重要なのは強度のある壁の"バランス"と上下階の壁や柱の位置を同じくする"直下率"です。
ツーバイフォー工法での地震時などの外力に強いのは、実はこの直下率にあります。内部での「耐力壁線区画」(強度のある壁の区画)が上下で一致させなければならないというルールが横揺れに大きく作用して地震力を軽減させています。(水平対向力)
弊社ではこの力学を応用して木造軸組工法でも同様の構造設計を施していますでの、軸組工法をチョイスしても安心して暮らしていただけます。
1995年阪神大震災、2011年東日本大震災、2016年熊本地震、鳥取中部地震など・・・ご存じないかも知れませんが、大小に係わらず、"毎日"日本のどこかで地震が起きています。

首都圏地震も叫ばれる中、大きな地震から身を守るための器である家の"耐震"は既に壁を強くするだけでは事足りなくなっています。HEART HOMEの家は構造設計の観点から壁の量や配置、そしてバランス、上下階の壁直下率など多くの知識のもとに計算され、オプションとして"制震制御システム"を加える事により、さらに揺れを48%吸収出来、建物の内外部での損傷を最小限に抑える事が出来ます。
建物に伝わる地震エネルギーを約48%吸収!
つまりHEART HOMEの家は耐震に対する「剛」制震技術の「柔」が加わった最新構造の住宅と言えます。

この構造に対する考えは「私の家だったらこうしたい!」と考えた私自身が安全で安心と考えた構造体です。
家族を思いやる安心に"ここまで"というラインはありません。
施工事例
Heart Home by エムアンドエー設計工房
施工事例はこちらから
家づくりに関するご相談、お問い合わせはこちらから
お気軽にお問い合わせ下さい