Heart Homeの家づくり
高い断熱性能(断熱性等級4相当)

  • HOME
  •  > 高い断熱性能(断熱性等級4相当)

高い断熱性能(断熱性等級4相当)

HEART HOMEの家は全て外張り断熱工法で作られます。
外張り断熱(外断熱)は家という器(うつわ)をつくる上で最適な断熱で、屋根、外壁、そして基礎までをも、断熱材で外側から包む工法でイメージするなら"魔法瓶"と同じです。
ちょっと古いいい方ですが、保温性の高い水筒だと思ってください。
魔法瓶(水筒)=保温ですよね。断熱性能が高いと保温効果が高まります。
つまり家の中で行う、夏場の冷房や冬の暖房の熱を外に逃がしたり、外気の熱(暑い、寒い)をさえぎる事で"省エネ"効果は高まり、気密性能をも高める事で【省エネルギー住宅】が出来ます。
また外張り断熱は、床下や2階の天井の上までも居住空間とほぼ同じ温度になるので、夏場の小屋裏の高温や冬場の床面の寒さを解消出来るんです。
既に木造住宅にお住まいであればご承知でしょうが、夏場の小屋裏収納の温度は時に40℃を優に超え、5分と中にはいられません。物置なのですが、中に置くもので高温にさらされて困る品物は置けませんよね。
ロフト空間として子供の遊び場なんて、もっての外ですが、HEART HOMEの家なら快適に使えます。

また床下も室内に近い温度に出来るので、冬場の床面の冷え冷えした寒さもほとんどなく、夏場には一定温度の地中熱により少し"ひんやりした"涼しげな効果も得られます。
もちろん!冬場の嫌な"結露"もありません。
結露は窓だけでなく、壁の中にも起こることをご存知ですか?
窓は表面を拭けば一時的に処理できますが、壁の中ではそうはいきません。
壁の中の結露は断熱材を腐らせ、構造材までも腐食させてしまう恐ろしい現象で、断熱効果が低かったり、断熱材の施工ミスによっても起こります。
この怖い壁の中の結露(壁体内結露)が起こらないのも【外張り断熱】の特徴です。
新居で生活していく中、"冬の朝でも寒くない" "結露がない"なんて、ありがたくありませんか?!
HEART HOMEの家は、まさに"そんな家"なのです。
たった1台のエアコンで
家中が快適空間!
施工事例
Heart Home by エムアンドエー設計工房
施工事例はこちらから
家づくりに関するご相談、お問い合わせはこちらから
お気軽にお問い合わせ下さい